骨格診断によるファッションアナリスト養成講座

骨格診断とは

骨格診断とは、身体の「質感」「ラインの特徴」を診断し、自分自身の体型を最もキレイに見せてくれる
ファッションアイテムをアドバイスする技術・知識のことです。
診断結果により、お似合いになるファッションテイスト、形、素材、アクセサリー、ジュエリー、バッグ、
靴、時計、ベルト、ヘアメイクまで、幅広いアイテムのご提案が可能となります。

診断方法は手首や背中、腰などいくつかのパーツにボディタッチさせていただくだけなので、
パーソナルカラーのようにドレープなどのツールを必要とせず、場所も選ばないというメリットがあります。

さらに詳しく骨格診断を学ぶ

「骨格診断」理論の確立

1996年、ICBインターナショナル代表の二神弓子が骨格診断研究家の柘植氏に骨格構造によるファッションコーディネート理論を学び、現在の「骨格診断」理論を確立する。

その後、数年にわたる個人コンサルティング及びセミナー開講を経て、2002年より「骨格診断ファッションアナリスト養成講座」を開講し、プロフェッショナルの育成に努める。

理由1 卒業生が全国で活躍している!

「骨格診断」の特徴

① 生まれもった体質(筋肉や脂肪のつき方の特徴、
 関節の大きさ)により3タイプに分類
② 生まれもった身体の特徴を捉えるので一生変わらない
③ 身体を平面ではなく、立体で捉えている
④ ラインの特徴だけでなく、身体の質感もいている
⑤ パーツごとの似合うアイテムにとどまらず、
  引きで見た時の全体のバランスも重要視している

※ファッションコーディネート理論はそれぞれの理論によって診断ポイント、似合うアイテムが異なり、どのコーディネート理論を採用するかでファッションコーディネートの完成が異なっていきます。

理由1 卒業生が全国で活躍している!

「骨格診断」のメリット

MSさんの場合

「骨格診断」の診断結果の分類

骨格診断はそれぞれの骨格タイプの特徴の出やすい、胸元、腰、膝などをボディタッチし、全身のバランスや持って生まれた質感などを見ながら、診断結果を導いていきます。
骨格診断は「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の 3タイプに分かれる。

診断結果は太っている、痩せているなどは関係なく、一生変わりません。またどのタイプはプロポーションが良いということはありません。どの骨格タイプにもファッションモデルがいるように、どのタイプにもプロポーションの良い方もそうでない方もいます。

理由1 卒業生が全国で活躍している!

【骨格診断ストレートタイプ】

骨格診断ストレートの身体の特徴は「上重心」「グラマラス」「メリハリボディ」がキーワード。 ハリのある質感をもっているので、身につけるものも厚みがあり、ハリのある質感で、シンプルなデザインをセレクト。高級感を意識したクラス感のあるコーディネートを心がける。

骨格診断ストレートのスタイルアップポイント・・・胸元と膝下を出し、二の腕と背中を隠すこと。立体的でメリハリのあるボディラインを上品に強調するよう、適度にボディラインをみせるコーディネートがおすすめ。
(ストレートの方はマイクロミニやボディコンシャスなど、強調しすぎるとグラマラスになりすぎ、着太りします)

【骨格診断ウェーブタイプ】

骨格診断ウエーブの身体の特徴は「下重心」「華奢」「やわらかな曲線」がキーワード。 やわらかな質感をもっているので、身につけるものも、薄手でやわらかな質感で、装飾のあるデザインをセレクト。ソフトで華やかさを意識したコーディネートを心がける。

骨格診断ウエーブのスタイルアップポイント・・・二の腕と背中をだし、胸元は隠すこと。ウエストマークするなど、ボディラインを隠さないスタイルがおすすめ。
(ウエーブの方はボディラインが全くわからない服は貧相な印象になります)

【骨格診断ナチュラルタイプ】

骨格診断ナチュラルの身体の特徴は「フレームがしっかりしている」「スタイリッシュなライン」がキーワード。 ナチュラルは肉感的なものを感じさせず骨組みがしっかりしているので和装より洋装を着こなす事が得意な体型なのでモード系ファッションモデルに多いタイプ。洗いざらしなどの風合いのある質感で、ゆったりしたデザインをセレクト。ラフ・カジュアルを意識した大人カジュアルなコーディネートを心がける。

骨格診断ナチュラルのスタイルアップポイント・・・長めの丈、ゆったりラインでボディラインを強調するよりフレームの美しさを強調すると良い。
(ナチュラルの方はフィットしたものやミニ丈など小さい物を着るとアンバランスな印象になります)

骨格診断によるファッションアナリスト養成講座

骨格診断とは、身体の「質感」「ラインの特徴」を診断し、自分自身の体型を最もキレイに見せてくれるファッションアイテムをアドバイスする技術・知識のことです。
診断結果により、お似合いになるファッションテイスト、形、素材、アクセサリー、ジュエリー、バッグ、靴、時計、ベルト、ヘアメイクまで、幅広いアイテムのご提案が可能となります。

診断方法は手首や背中、腰などいくつかのパーツにボディタッチさせていただくだけなので、パーソナルカラーのようにドレープなどのツールを必要とせず、場所も選ばないというメリットがあります。

コースの特長

こんな方にオススメ

パーソナルカラーアナリストとして独立して活躍したい方。

パーソナルカラーに骨格診断を加えることにより、トータルにファッションやヘアメイク、アクセサリーのご提案ができるようになります。

販売員として販売力向上を目指す方。

パーソナルカラーや骨格診断に合った洋服や小物のご提案ができるようになるので、販売力アップや信頼力向上につなげていく事ができます。

講座詳細

骨格診断について、ショッピング動向について、男性のビジネススーツについて

骨格診断によるファッションアナリスト養成講座

受講時間 全25時間
受講料 ■受講料270,000円(税抜250,000円)

■個人レッスン540,000円(税抜500,000円)教材費込み
※月々最大5,000円~の分割お支払も可能です。詳しくはご相談ください。
入会金 30,000円(+消費税)
資格 骨格診断ファッションアナリスト養成講座 ディプロマ授与
一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会 ディプロマ授与
診断補習制度 「骨格タイプ診断技術」の習得には個人差がある為、規定授業時間の他に10時間分無料で補習を受けることが可能です。(有効期限はディプロマ発行日より12ヶ月とさせていただきます。)

カリキュラム

1日目
(5時間)
  • 骨格構造によるファッションタイプ診断理論の概要と歴史
  • ファッションコーディネートの3要素(色・形・素材(感))
  • 女性の骨格タイプ別体型の特徴と有名人
  • 骨格診断分析方法と手順
  • 骨格診断実技トレーニング
  • 自分の骨格タイプを知る
2日目
(5時間)
  • 骨格診断実技トレーニング
  • 骨格タイプ別ファッションイメージと着こなし
  • 骨格タイプ別ファッションのルールと素材を知る
  • ファッションアイテムの分類
        スーツ、テーラードジャケットのセレクトポイント、ネックラインとデザイン、
        袖丈、袖デザイン、スカート丈、スカートデザイン、パンツ丈、パンツデザイン、
        ワンピース、ニット、カーディガン、シャツ、ブラウス、コート、柄・模様のセレクト方法
  • アイテム分類実技トレーニング
  • 著作権・肖像権について
3日目
(5時間)
  • 骨格診断実技トレーニング
  • ファッションアイテムの分類
        アクセサリー、時計、ジュエリー、スカーフ、ストール、ベルト、
        靴、バッグ、ヘアスタイル、メイク
  • アイテム分類実技トレーニング
4日目
(5時間)
  • 骨格診断実技トレーニング
  • 男性の骨格タイプ別体型の特徴
  • ビジネスにおけるメンズスーツスタイリング
  • 購入時のお直しポイントとアドバイス法
  • 男性のカジュアルアイテム分類とアドバイス法
  • アイテム分類実技トレーニング
5日目
(5時間)
  • 骨格診断実技トレーニング
  • ブライダルウェアについて
    ウェディングドレスラインのバリエーション、ベール、手袋、
    ヘッドドレス、メンズセレモニースーツの分類
  • ショッピング同行について
  • プレゼンテーショントレーニング
  • アイテム分類実技トレーニング


(商標登録証 登録第5624808号)

二神弓子の骨格診断コラム

骨格診断を行う際、プロのアナリストはお客様のどんなところを見ているかご存じでしょうか?
骨格診断では、一般的に女性が気にするような、太っているか痩せているか、身長の高い低いなどは、実は見ていません。

骨格診断 ←骨格診断ファッションアナリスト養成講座の診断レッスン風景

私たちがまず見ているのはクライアントの身体の「質感」です。
診断に慣れてくると、この「質感」を見ることができるので、ミックスしているお客様でもあまり困ることはありません。

そして次に、骨格の特徴です。骨や関節が出やすいパーツは、手や手首、首、膝などですよね。そこにある特徴を確認します。

さらに衣服に隠れて見えない部分の特徴をチェックするため、ボディタッチをさせて頂いております。

胸板の厚み、手首の形、腰のライン、膝など、見た目だけでは分かりづらい部分の診断です。

ちなみに、プロポーションに関してどの骨格タイプが一番良いか、という考え方はありません。
どの骨格タイプにもプロポーションの良い方もそうでない方もいます。 背の高い方も低い方もいます。太っている人も痩せているひともいます。ただ、太り方のタイプや、筋肉の付き方の特徴はあります。

骨格診断ストレートタイプの方は、
藤原紀香さんや米倉涼子さん、シャロンストーンに代表されるような、メリハリボディ、筋肉質でひきしまったゴージャス体型の方が多く、 太る時はりんご型になります。

骨格診断ウエーブタイプの方は、
神田うのさんや観月ありささん、キャサリン妃に代表されるような、 スラリとしてゆるやかな曲線を描く華奢な体型の方が多く、 太る時はやわらかな洋梨型になります。

骨格診断ナチュラルタイプの方は、
江角マキ子さんや、天海祐希さん、アンジェリーナジョリーに代表されるような、 肉感的なものを感じさせないスタイリッシュな体型の方が多く、 太る時は体格が大きくなるようなイメージです。

キャサリン妃
※1

ウエーブタイプの外国人女優さんがパッと思い出せなかったので キャサリン妃を書いてしまいましたが、 ダイアナ妃とモナコ王妃のグレースケリーはストレートタイプです。

キャサリン妃のウエディングドレス、ウエーブタイプに合う種類のレースとハイネックがステキでしたね。

日本ではめったに見かけませんが、本来ウエディングドレスはハイネック、手の甲にかかる長さの長袖が正式です。 キャサリン妃は正式なスタイルでロイヤルウエディングに臨んだのです。

ウエーブタイプにハイネックは似合わないのですが、ウエーブに合うよう、全面レースではなく透け感のある素材にレースをちりばめ、ネックラインはフロントを縦長にあけることで詰まり感をなくし、 とても上手くウエーブに似合わせる工夫がされていてさすが!と思いました。

つまり、正式なスタイルのウエディングウエアが苦手とするウエーブタイプのため、デザイナーのセンスにより様々な工夫がされて見事に美しいウエディング姿となっていたのです。

モナコ公妃
※2

モナコ公妃のグレースケリーも長袖ハイネックのレース使いのウエディングドレスでしたが、 こちらはやはりストレートタイプに似合う素材&デザインでした。

キャサリン妃のものと違い、華奢でないしっかりした質感のレース、 透け感もあまりないタイプ、フロントを開けずスタンダードなハイネックタイプです。

さすがストレートタイプのモナコ公妃、見事に正統ウエディングスタイルを着こなし豪華さとエレガントさを見せてくれています。

※1   画像はhttp://www.25ans.jp/beauty/feature/beauty11_0527/week01/02よりお借りしました。
※2   画像はhttp://モナコ.pop-b.com/050/054/からお借りしました。

骨格診断コンサルティング実例

YTさんの場合

ヘアスタイル

役員秘書という仕事柄、身につけるのはスーツがベスト。今まではワンピーススーツをお召しになっていたようですが、ビジネススーツが合う骨格タイプなのでスーツをセレクト。
Y.Tさんの骨格タイプには、Vゾーンの深いテーラードジャケットが大変良くお似合いになります。スプリングカラーの中にあって、華もあり、品もあり、ビジネスマナーにも適合するスーツの色と言えば「ベージュ」。中でも黄色みの強い、明るめのベージュをセレクトしました。
スーツがベーシック。充分素敵ですが、さらに垢抜けた感じを出したかったので、スパイス的にゴールドのサマーニットをインに入れました。

メイクアップ

Y.Tさんの骨格タイプに合うアクセサリーは、ボリューム感があり、ベーシックなデザイン。本当はロングネックレスもお似合いになりますが、仕事柄、あまり相応しくないのでこの長さにしました。
イヤリングは揺れない、ぶら下がらないタイプ。かつ、ボリュームのあるものが得意。ゴールドをセレクトすることによって顔色もさらに明るくなり、華やかさが増します。年齢を重ねると、どうしても顔に明るさがなくなってきますので、30才を過ぎたらイヤリングやピアスはなるべくつけるようにした方が良いですね。

ファッション

Y.Tさんの骨格タイプは、ビフォー写真のようなセミロングは苦手です。本来なら「アップスタイル」、または「ショートヘア」がベストです。しかし、秘書というお仕事柄、知的な印象に加えて品のある「華」を演出したいと考え、あえてショートにも、アップスタイルにもせず、カットで「タイト&シャープさ」を出しました。

近藤紀子さんの場合

ヘアスタイル

ブラウスは、近藤様の骨格タイプに合う「透けるような薄い素材」をセレクト。シャーリングとドレーピングが効いたデザインですが、骨格タイプに合う「縦」ではなく「横」に広いネックラインが特長。近藤様は首筋がとても綺麗なのであえて広めに取りましたが、通常、ウエーブタイプの方は、ネックラインが縦方向に広いと間が抜けて見えます。
ボトムはウエーブタイプに合う膝下丈の白いカプリパンツ。近藤様はハーフパンツがお好みでしたが、ウエーブの方には合わないので諦めていただきました。

メイクアップ

ウエーブタイプの方に合う、ガラスのような素材。実際はプラスチック製なのですが、プラスチックもウエーブタイプに合う素材です。色はパーソナルカラーにも合い、ファッションの爽やかさを強調するクリアカラーにしました。
ネックレスの長さも重要ポイント。近藤様の骨格タイプに合う長さはこの長さ。流行のロングネックレスはウエーブタイプの方には合いません。
ピアスもウエーブタイプに合う条件のアクセサリーです。「ひとつに揺れるタイプ」であることと、「首筋が寂しげにならないよう、ある程度の大きさ」のあるものがお奨め。とはいえ、これがクリアカラーでなかったらピアスの存在感が本人より勝ってしまうので、この素材、このカラーだからこそ、この大きさがベストバランスなのです。

ファッション

骨格タイプ上、ビフォー写真のようなベリーショートは合わないため、4ヶ月間、髪を伸ばしていただきました。ポイントは、ウエーブタイプの方に必要な「曲線ラインを出すこと」。もともと直毛でしたので、スタイリストさんに依頼して、カットで自然なウエーブラインを出してもらい、ヘアメイク時のスタイリングでは、コテを使ってさらに曲線を出しました。

MSさんの場合

ヘアスタイル

報道アナウンサーというお仕事柄、かっちりしたファッションがメインだったM・Sさんですが、ちょうど受講されている時、フリーアナウンサーになることが決定。これからはファッションも自由になるので、今までにないファッションに挑戦したいというご要望でした。
ナチュラルタイプの方は、あまり凝ったデザインの服は苦手なので、シャツとデニムというベーシックファッションをセレクトしましたが、デニムも白シャツも、ストレートタイプの方の場合とは素材選びが少し違います。
写真のデニムは色が少し茶系に褪せたように見えるものです。通常パーソナルカラーがウインターの場合はブラックデニムか、濃紺をセレクトするのですが、骨格タイプがナチュラルの方の場合、こういう風合いの方がお似合いになります。
ストレートタイプの方にコーディネートする白シャツ&デニムパンツスタイルの場合は、パリっとノリの効いたシャツと、褪せ感のないキレイ目ジーンズ。そしてベルトは必須アイテムとなります。

メイクアップ

骨格タイプナチュラルの方に合うアクセサリーは、木製や打ちっぱなしの金属製など、無造作、自然、粗造り、ハードなもの。エレガントなジュエリーは合いません。 カラーがイエローベースの場合は銅素材や木製素材、象牙風 のもの、ターコイズなどを選びますが、ブルーベースなのでシルバー素材をセレクト。どれも存在感がありややハードな印象のアイテムです。

ファッション

M・Sさんの骨格タイプは、ロング、ショート問わないのですが、ロングなら普通のロングよりもベリーロングの方が合うタイプ。ビフォーのヘアスタイルもとてもキレイですが、もっと伸ばして頂くともっと素敵になるタイプです。スタイルのコンセプトは「無造作」「ルーズ」です。

養成コース受講後 卒業生のライフスタイル

資料請求

カリキュラム

  • マスコミ・メディア掲載実績
  • ICB公式 アイテム販売サイト
  • ビジネスマナーならICB
  • 動画で見学!ICB充実のレッスン
  • 頭美人
  • インスタグラム

BeforeAfter

講師紹介

卒業生・受講生VOICE

資料請求・ご相談03-6264-1253

無料説明会・無料体験レッスン

受講申込み

  • 受講ローンのご案内
  • 学習保全機構 加盟校
  • イメージコンサルタント紹介
ページTOPへ

Copyright (C) 2013 ICB Co., All Rights Reserved.