パーソナルカラーを学ぶ

  • HOME
  • パーソナルカラーを学ぶ

イメージアップのための手法
パーソナルカラー

パーソナルカラーとは、個人個人(Personal)に似合う色(Color)を顔や肌の色を元に診断する手法です。似合う色がわかればより美しく見せたり、健康的にいきいきと見せたりすることが可能になるだけでなく、しっかりとした印象や清潔感のある印象、好感度の高い印象を意図的につくり出すことも可能になります。

応用できる分野は幅広く、イメージを決定づける「色」に対して理論立ったご提案やコンサルティングもできるようになります。

パーソナルカラーの歴史

アメリカ大統領ジョン・F・ケネディも
イメージ戦略にパーソナルカラーを用いていた

1961年にアメリカ大統領となったジョン・F・ケネディは選挙活動の色彩戦術にパーソナルカラーを活用し、自分の支持率を上回る現職副大統領のニクソンに勝利しました。ケネディの好印象の理由の1つは、彼が着ていたスーツの色でした。

演説の時、ケネディは濃い色のものを、ニクソンは薄い色のものを着ていました。当時のアメリカ国内にあったテレビはモノクロであったため、ケネディは濃いグレーで表示され力強く見え、反対にニクソンは薄いグレーで表示され、頼りなく見えたと言われます。

この1件で色の影響力が認知されるようになり、その後の大統領選挙では候補者がパーソナルカラーのプロフェッショナルを雇うことが当たり前となってきました。選挙以外でも、見た目のイメージを大切にする各界の著名人や経済界の方もパーソナルカラーを用いるようになりました。

カラーアナリストとは?

カラーアナリストとは?

カラーアナリストの中でもカラードレープを使い、個々に似合う色の提案をする人のことを「パーソナルカラーアナリスト」と言います。診断技術が重要な分野ですので、実技レッスンのあるスクールなどでの技術習得が必須です。

パーソナルカラー診断とは

診断ではフォーシーズンに分類されたカラードレープ(布)を使用していきます。ドレープを顔の下に置き、肌映りの違いや肌色とドレープの色の調和などを分析し、診断結果を導いていきます。

診断には個人の主観(好き、嫌い)ではなく、客観的な判断で分析をおこなっていきますので、経験を積んだアナリストに診断してもらうことをおすすめします。

詳しく見る

ICBインターナショナルのカラー診断方法

ドレープと呼ばれる120種類の色の布を対象の方の顔の近くに並べ、肌・髪・瞳を基に似合う色を診断します。
似合う色を診断する際にはフォーシーズンという色の分類法を用います。

6~36まで、多く考案されていますが、ICBではどの業界でも通用するフォーシーズンを採用しています。

パーソナルカラーの効果

パーソナルカラーをはじめとするイメージアップスキルを駆使すれば、あなたにもこのような変化を作ることができるようになります。

パーソナルカラーの効果

仕事に生きるパーソナルカラー

こんな方が受講しています

  • 人に喜んでもらえることをはじめたい!
  • パーソナルカラーアナリストとして起業をしたい!
  • 一生自分のペースで自分らしくいられるライフワークをしたい!

パーソナルカラーアナリストの仕事の種類

パーソナルカラーアナリストはファッションを中心に個々に似合う色のご提案をしていきます。個人の方向けのコンサルティングや法人向けの企業研修、販売促進・顧客サービスを目的として開催されるイベントなど様々な種類の仕事があります。
また、カラースクールでの講師活動やご自身の知識を活かし書籍の出版など多方面での活躍が可能となります。

  • 個人コンサルティング個人コンサルティング
  • パーソナルカラーイベントパーソナルカラーイベント
  • 企業研修企業研修
  • スクール講師スクール講師
  • 書籍の出版書籍の出版
pagetop