パーソナルカラーとは

「パーソナルカラーは錯覚を利用して自分自身を美しく見せる色のこと」

パーソナルカラーとは、持って生まれたボディーカラー(肌の色、瞳の色、髪の毛の色など)を元に個人(Personal)に似合う色(Color)を診断する手法です。似合う色が分かればより美しく見せたり、健康的にいきいきと見せたりすることが可能になるだけでなく、しっかりとした印象や清潔感のある印象、高感度の高い印象を意図的につくり出すことも可能になります。

また、パーソナルカラーは「ピンクが似合う」「青が似合う」という色相(色み)の違いを判断するものではなく、ピンクならどんなピンクが似合うかを診断するもの、つまり「ベビーピンク」「ピーチピンク」「サーモンピンク」「フューシャピンク」「ローズピンク」など様々な色みやトーンのピンクが存在するなか、どのピンクがその方のお顔にキレイに映えるかを診断するものです。

原則、パーソナルカラーは一生変わらないもの。自身のパーソナルカラーを知る事により、人生を効果的に変えていくことも可能です。

パーソナルカラーのメリット

ご自身のパーソナルカラーでコーディネートすると、色彩の調和がとれることにより、視覚的に好感度が高くなります。

ご自身のパーソナルカラーでコーディネートすると、
色彩の調和がとれることにより、視覚的に好感度が高くなります。

他にも具体的な効果例は下記の通りとなります。

パーソナルカラー NGカラー
肌表面 つややか、滑らかに見える 乾燥したように見える
肌色 健康的に明るく見える 青白く見えたり、黄ぐすみして見える
肌トラブル クマ、シワなどが目立たない クマ、シワなどが目立つ
フェイスライン すっきり引き締まって見える 膨張して見える
顔の立体感 奥行き感が出て、立体的に見える→
小顔に見える
平面的な顔立ちに見える
アイライン アイフレームが強調する 変化なし
まつげ 長く見える 変化なし
黒目 黒目が黒く、大きく見えるまたは
黒目と白目のコントラストがはっきりする
変化なし
着痩せ効果 全身パーソナルカラーでコーディネートすることにより、縦のラインが強調され、着痩せ効果がある 視線が途切れ着痩せ効果は
得られない

パーソナルカラー 色の分類

パーソナルカラーは ①色相 ②明度 ③彩度 3つの要素から色を分類していきます。

①色相
「赤」「青」「黄」など色味のこと

②明度
明るさの度合いのこと。白が最も明度が高く、黒が最も明度の低い色となります。

③彩度
鮮やかさの度合いのこと。一般的に彩度の高い色は派手な印象があり、
彩度の低い色は地味な印象となります。

イエローベース:全ての色に黄色を加えた色(赤:朱赤、緑:黄緑)
ブルーベース:全ての色に青色を加えた色(赤:ストロベリーレッド、緑:青緑)

【スプリング/イエローベース】高明度・高彩度
明るく可愛らしい色調
春はブライトトーンでくすみがなく、明るい色調がほとんどで、見た感じも明るく可愛らしい印象の色調である。
イメージワード:元気な、若々しい、陽気な、快活な、カジュアルな

【オータム/イエローベース】低明度、低彩度
深みがありリッチ感のある色調
秋はほとんどがディープトーンとダルトーンで構成されており、渋めで深みのある色調である。
イメージワード:シック、リッチ、円熟した、渋い、ワイルドな

【サマー/ブルーベース】高明度・低彩度
夏は少しけむったダスティでソフトな感じの色、優しく柔らかな色調である。
イメージワード:ソフトな、さわやかな、涼しげな、優美な、エレガント

【ウィンター/ブルーベース】低明度・高彩度
冬は原色に近い色または原色でストロングトーン、アイシートーンなどシャープな色調である。
イメージワード:シャープな、華やかな、力強い、重厚な、高雅な、

パーソナルカラー診断

診断ではフォーシーズンに分類されたカラードレープ(布)を使用していきます。ドレープを顔の下に置き、肌映りの違いや肌色とドレープの色の調和などを分析し、診断結果を導いていきます。

診断には個人の主観(好き、嫌い)ではなく、客観的な判断で分析をおこなっていきますので、経験を積んだアナリストに診断してもらうことをおすすめします。

シーズン別肌の特長

スプリングタイプ
スプリングタイプの方は肌にツヤがあり、色白でこっくりとした乳白色が特徴です。頬に赤みがさすとオレンジがかったピーチ色になります。またそばかすができやすいのも特徴のひとつです。

オータムタイプ
オータムタイプの方は肌にマット感があり、肌の色はスプリングよりもダーク、または色白の場合は象牙色のような落ち着いた深みのある肌色が特徴です。日に焼けるとイタリア女性のようなこっくりとした暖かみのある肌色になる。

サマータイプ
サマータイプの方は少し青白い感じの肌色、色白でない場合でも肌に黄色みが少なく、頬が赤くなりやすいのが特徴です。肌質的には目の下にクマができやすい。

ウィンタータイプ
ウィンタータイプの方は黒い髪、瞳は黒目と白目のコントラストがはっきりした目を持っている場合が多い。肌の色は色白からダークの方までいるが、色白の場合は透けるような肌の白さになる。

ビフォーアフター実例を見る

パーソナルカラー活用法

アクセサリー

Spring スプリング

貴金属:イエローゴールド、ピンクゴールド
ホワイトゴールド、2から―ゴールド、3カラーゴールド
貴石:半貴石

Summer サマー

貴金属:プラチナ、ホワイトゴールド
真珠:ホワイト、グレイ系、ピンク
貴石:半貴石

Autumn オータム

貴金属:イエローゴールド、ブロンズ
真珠:ゴールド系
貴石:本貴石

Winter ウィンター

貴金属:プラチナ、シルバー、ホワイトゴールド
真珠:ブラック
貴石:本貴石

メイクアップ

Base make-up ベースメイクアップ
ファンデーションなどのベースメイクはパーソナルカラーの理論を取り入れてしまうと不自然な印象に仕上がってしまうこともあるので、パーソナルカラー理論にとらわれずに、首の色に馴染むファンデーションの色をセレクトしましょう。

Eye shadow,blush,lip アイシャドウ、チーク、リップ
アイシャドウ、チーク、リップは直接肌に色をのせていくので、パーソナルカラーの理論を取り入れ、ベースカラーを意識して色をセレクトしましょう。

ピンク系:ピーチピンク、サーモンピンク、コーラルピンク

イエロー系:カナリアイエロー、マスタード

グリーン系:ライムグリーン、モスグリーン、オリーブグリーン

ブルー系:ターコイズ、ティールブルー

ベージュ系:ベージュ、コーヒーブラウン、キャメル

その他:ゴールド、ブロンズ

ピンク系:ベビーピンク、ローズピンク、チェリーローズ

パープル系:ラベンダー、ライラック、ロイヤルパープル

グリーン系:ペパーミントグリーン、フォレストグリーン

ブルー系:ラベンダーブルー、ペールブルー、ロイヤルブルー

ブラウン系:ココアブラウン、ピンクベージュ、グレイベージュ

その他:シルバー、チャコールグレー、シルバーグレー

オレンジ系、ピーチピンク系、ブラウン系

ベビーピンク系、ローズ系

ベージュ系、ピーチ系、オレンジ系

ピンク系、ローズ系、ピンクベージュ系

スプリング
ナチュラルライトブラウン、ナチュラルブラウン、イエローブラウン、ゴールド

サマー
ナチュラルブラウン、ローズブラウン、ラズベリーブラウン

オータム
ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ゴールド、アッシュ

ウィンター
ブラック、ナチュラルブラウン、ローズブラウン、レッドブラウン

色のイメージと色名

可視光線の中の一番端に位置する赤は、紫同様、人の生理や心理に大きな影響を及ぼす特別な色相です。生理的には赤はアドレナリンの分泌を促進させ、交感神経を刺激する力がある。つまり人の心と身体を本能的な「戦闘態勢」に導く色なのである。

さらには、敵の存在や動きをすばやく察知しようと互換がフル作動する。人には視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五つの感覚神経があるが、このすべての感覚が鋭くなるのだ。身体と精神をこういった興奮状態に導く赤は、心理学的にはすべての色相の中で最も動物的な意味合いを持った色である。

色名:シグナルレッド(vivid red)C0/M76/Y74/K9、朱色(bright yellowish red)C0/M80/Y71/K27、ポピーレッド(bright red)C0/M64/Y66/K8、紅色(vivid purplish red)C0/M100/Y73/K16、カーディナルレッド(deep red)C0/M78/Y75/K28、クリムソン(deep purplish red)C0/M91/Y73/K14 他

本来、ピンクという色は色相環にはなく、可視スペクトルにも存在しない。ピンクは赤と白の混色である。生理的にはピンク色は女性ホルモンの分泌を促進させる力がある。女性にとって美容と健康は切っても切り話せない関係にあるがピンクはそう言った意味でも理にかなっている。

色名:ローズピンク(pink)C0/M35/Y31/K5、サーモンピンク(yellowish pink)C0/M32/Y42/K5、ピーチピンク(yellowish pink)C0/M27/Y30/K4、オーキッドピンク(purplish pink)C0/M41/Y18/K15、チェリーピンク(deep purplish pink)C0/M53/32/K8、オールドローズ(dull pink)C0/M35/Y32/K11、コーラルピンク(deep yellowish pink)C0/M28/Y31/K4 他

オレンジは赤と黄の混色である。オレンジの意味することはすべて赤と黄の混色としての意味合いにとどまる。赤も黄もそれぞれ強い意味を持っているため、その二色の組み合わせでできるオレンジに込められたメッセージは多様である。

色名:オレンジ(vivid orange)C0/M50/Y100/K7、マリーゴールド(bright yellowish orange)C0/M37/Y100/K5、 タンジェリンオレンジ(bright orange)C0/M45/Y100/K6、ゴールデンオレンジ(vividyellowishorange)C0/M30/Y70/K4、柿色(strong reddish orange)C0/M54/Y74/K7、アプリコット(lightorange)C0/M25/Y52/K3 他

黄は右脳の働きを活性化させる作用がある。本来、人は右脳を活用すれば非常に高い記憶力、集中力を発揮するようにできている。右脳が活発に働くようになると、さまざまな能力が目覚めると言われる。

色名:卵色(light reddish yellow)C0/M15/Y54/K1、カナリヤ(bright yellow)C0/M4/Y62/K0、山吹色(bright reddish yellow)C0/M27/Y100/K3、ひまわり(vivid reddish yellow)C0/M21/Y100/K1、たんぽぽ(vivid yellow)C0/M15/Y100/K0、レモンイエロー(vivid greenish yellow)C0/M5/Y68/K0 他

緑は調整、バランスの色である。これは肉体にも心理状態にも効果がある。また疲れに効く色であり、精神的疲労、肉体的疲労そのどちらにも効くのが緑があり、頭脳労働後の脳の疲れやストレス解消にも効く。

色名:白緑(pale green)C8/M0/Y13/K9、スプリンググリーン(light yellowish green)C17/M0/Y85/K27、アップルグリーン(bright yellowish green)C20/M0/Y33/K18、ターコイズグリーン(vivid bluish green)C100/M0/Y18/K42、エメラルドグリーン(strong green)C100/M0/Y38/K34、深緑(deep green)C100/M0/Y46/K67、ビリジアン(deep bluish green)C100/M0/Y34/K47、ボトルグリーン(dark green)C100/M0/Y52/K70、他

赤が交感神経を刺激するのに対し、青は副交感神経を活性化する。つまり呼吸は深くながくなり、体温血圧は下がり、身体の休憩の態勢に入るのである。また青はすべての色相の中でも最も冷たい色といわれる。色そのものに温度はないが、青の持つ波長には体温を下げる作用があることが多くの実験で確認されている。

色名:セルリアンブルー(bright blue)C100/M23/Y0/K28、コバルトブルー(strong blue)C100/M43/Y0/K28、ラピスラズリー(strong purplish blue)C81/M51/Y0/K36、シアンブルー(vivid greenish blue)C100/M31/Y0/K9、ウルトラマリン(vivid purplish blue)C59/M52/Y0/K36、マリンブルー(deep greenish blue)C100/M24/Y0/K47、インクブルー(deep blue)C100/M56/Y0/K44、ベービーブルー(dark blue)C30/M16/Y0/K10 他

紫は交感神経を刺激する「動」の代表の赤と、副交感神経を刺激する「静」の代表の青、という正反対の二色から生まれた紫は、心理的にも大変複雑な意味を持っている。可視光線の最端に位置する重要な色相の紫は、細胞内の酵素を刺激する力があり、それによってDNAの損傷を修復することが知られている。肉体の回復だけでなく、精神の回復を促す色であることもわかっている。

色名:ラベンダー(lavender)C7/M15/Y0/K15、淡藤色(pale lavender)C19/M13/Y0/K10、藤紫(bright violet)C18/M24/Y0/K21、すみれ色(deep violet)C31/M46/Y0/K36、ライラック(lilac)C4/M15/Y0/K15、ヘリオトロープ(bright purple)C21/M34/Y0/K29、ロイヤルパープル(deep purple)C4/M87/Y0/K48、モーブ(strong purple)C11/M43/Y0/K36、江戸紫(dull purple)C24/M46/Y0/K40 他

色のイメージ:女性、美、セクシー

色名:マゼンタ(vivid red purple)C0/M100/Y44/K11、ピオニー(bright red purple)C0/M58/Y32/K9、アザレ(bright red purple)C0/M65/Y36/K9フランボワーズ(deep red purple)C0/M92/Y19/K40、ローズワイン(dull red purple)C0/M55/Y16/K33 他

茶色といえば大地の色、自然の色、和室の色であり、落ち着きをイメージさせる。日本人にはなじみ深く、大変好まれる色である。

色名:コーヒーブラウン(dark yellowish brown)C0/M31/Y45/K52、栗色(grayish brown)、ココア色(grayish brown)C0/M37/Y38/K40、テラコッタ(deep brown)C0/M68/Y86/K44、マロン(dark brown)C0/M76/Y78/K58、海老茶(dark reddish brown)C0/M50/Y60/K53、焦茶(dark grayish brown)C0/M54/Y76/K62 他

色のイメージ:強さ、孤高、美

色名:パールホワイト(grayish white)C0/M0/Y1/K3、スノーホワイト(white)C0/M1/Y0/K0、アイボリーホワイト(yellowish white)C0/M0/Y2/K0、他

色のイメージ:強さ、孤独、暗さ

色名:黒(black)C0/M0/Y0/K100

資料請求

イメージコンサルタント養成コース

  • マスコミ・メディア掲載実績
  • ICB公式 アイテム販売サイト
  • ビジネスマナーならICB
  • 動画で見学!ICB充実のレッスン
  • 頭美人
  • インスタグラム

BeforeAfter

講師紹介

卒業生・受講生VOICE

資料請求・ご相談03-6264-1253

無料説明会・無料体験レッスン

受講申込み

  • 受講ローンのご案内
  • 学習保全機構 加盟校
  • イメージコンサルタント紹介
ページTOPへ

Copyright (C) 2013 ICB Co., All Rights Reserved.