仕事に活かすには?

パーソナルカラーは
仕事にどのように活かされるの?

パーソナルカラーを学ぶとどんな自分になれるかご紹介します。
パーソナルカラーが仕事にどのように活かされるのかを職種別、シーン別(現職、転職、起業)でご紹介します。

秘書として活躍している方の場合

秘書として活躍している方の場合

  • 社長、役員からの印象をよくしたい、良い関係性を作りたい。
  • お客様(経営者クラス)に好感を持ってもらいたい。
  • 今の私のやり方(マナー)が本当に正しいのか不安。

パーソナルカラーを学ぶと

パーソナルカラーを学ぶと、自分に似合う色や服装が分かり、印象をよくすることができるので、社内、社外問わず好感度をあげることができます。またサポートしている社長や役員の方の服装のご提案ができるようになります。パーソナルカラーに加え、骨格診断、立ち振る舞い、マナーのスキルが加わるとイメージコンサルタントとして活躍することもできます。

詳しく見る

広報として活躍している方の場合

広報として活躍している方の場合

  • マスコミ関係者の方に良い印象を与えたい。
  • テレビ、雑誌などのパブリシティに出演する際に良い印象を与えたい。
  • 後方という肩書に負けない見た目にしたい。

パーソナルカラーを学ぶと

企業によって広報は明るく華やかな雰囲気や見た目を求められることも少なくありません。パーソナルカラーを学べば自分に似合う服装やメイクが分かるので、思い通りの自分を演出できるようになります。

詳しく見る

販売員として活躍している方の場合

販売員として活躍している方の場合

  • 個人の売上を伸ばしたい。
  • 店のファンではなく自分のファン(固定客)を作り出したい。
  • 後輩に正しい接客マナーを指導できるようにしたい。

パーソナルカラーを学ぶと

パーソナルカラーを学ぶと、お客様に似合う商品を理論的にご提案することができるようになるので、よりお客様に満足していただけます。満足されたお客様は商品ではなく、あなたの提案を求めに固定客となるでしょう。

詳しく見る

転職活動に活かした方の場合

転職活動に活かした方の場合

  • 第一印象を磨きたい。
  • 面接の印象を良くし、転職活動を優位に進めたい。
  • 夫や彼氏に似合うネクタイの色などを提案してあげたい。

パーソナルカラーを学ぶと

パーソナルカラーを学ぶと、自身に似合う色や服装が分かり、印象をよくすることができます。第一印象が重要な面接の場においてパーソナルカラーは特に力を発揮します。またパーソナルカラーに加え、立ち振る舞いやマナーのスキルが加わるとより印象をよくすることができます。

詳しく見る

パーソナルカラーを学ぶとどんな自分になれるかご紹介します。パーソナルカラーが仕事にどのように活かされるのかを職種別、シーン別(現職、転職、起業)でご紹介します。

起業(独立)に活かした方の場合

  • 今の仕事を極めたが、先のキャリアに対し限界を感じている。
  • 起業したいが、今の仕事だけでの独立は難しい。
  • 今の仕事とは切り離して、未経験からスキルを学び起業してみたい。

パーソナルカラーを学ぶと

パーソナルカラーを学ぶと、自分自身だけでなく、友人や知り合いに似合う服装やメイクやヘアスタイルを提案できるようになります。自分の提案でお客様が変わるさまを間近で見られることや、印象がよくなったときの「ありがとう」という言葉を直接いただけることがやりがいになります。またパーソナルカラーに立ち振る舞いやマナーのスキルが加わるとより好感度をあげることができます。

詳しく見る

パーソナルカラーを学ぶとどんな自分になれるかご紹介します。パーソナルカラーが仕事にどのように活かされるのかを職種別、シーン別(現職、転職、起業)でご紹介します。

すでに起業している、起業経験がある方の場合

  • ビジネスマナー講師として活躍しているが、パーソナルカラーの知識を身に付けたい。
  • 意気地で直が空いてしまったので、再度勉強しなおしたい。
  • 結婚、出産の影響を受けない、一生続けられるビジネスをしたい。

パーソナルカラーを学ぶと

パーソナルカラーを学ぶと自宅の一角をサロン(仕事場)として小資本で起業を目指すことも可能です。また、パーソナルカラーは誰もが未経験からスタートするスキルなので、始める時期や今までの経験がハンディキャップになることはありません。そのため未経験から起業する方も多いです。

詳しく見る

自分を変える第一歩

資料請求 無料

気になったらまずは資料を請求

pagetop